2010年05月26日

PSPソフト複製・無断販売、容疑で無職男逮捕(読売新聞)

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の携帯型ゲーム機「プレイステーションポータブル(PSP)」のゲームソフトを複製し、無断で販売したとして、兵庫県警は24日、広島市安佐南区、無職延藤(えんどう)裕二容疑者(45)を著作権法違反(頒布)の疑いで逮捕した。

 コンピュータソフトウェア著作権協会(東京)によると、PSPソフトの違法コピーが摘発されるのは初めて。

 捜査関係者によると、延藤容疑者は2009年6月、東京都の男性(33)に対し、メーカーに無断で複製したゲームソフト「モンスターハンターポータブル2nd(セカンド)」など5本の複製データを記録したメモリースティック(MS)1個を郵送した疑い。容疑を認めているという。

同級生に決闘させる 高校2年の少年逮捕 (産経新聞)
<著作権>権利制限の一般規定導入へ(毎日新聞)
豪族の送霊船を描いた円筒埴輪など出土 京都(産経新聞)
「どないしてごまかそう…」交際上司、遺体隠し場所探し半日 大阪・四條畷(産経新聞)
24日に安保会議=哨戒艦事件の対応協議―政府(時事通信)
posted by トミイ ミツオ at 18:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。